自分を支えること

0

自分を支えること

 

仕事と家庭とで忙しくて、いっぱい、いっぱいになるとどうしても心と体に負担がかかります。心は意味もなく落ち込み体は動かない状態に。。。そんなところが自分でもとても弱い部分だと分かっています。誰かに励まして欲しくなったり、自分以外の人に助けを求めたくなります。そんな時こそ独りでこんなにも弱い自分と向き合うのです。たとえ部屋の掃除をする時間がなくてめちゃくちゃ状態でも、洗濯物が畳めなくてしわくちゃになっても、洗いものが溜まりシンクが山のようになっていても決して死ぬことはないのです。そんなことはこれからの未来には、なんの影響もありません。だからこんな日がたまにはあってもいい。こうしてダメな自分、弱い自分、何も出来きていない自分を分かってあげることが自分で自分を支えていくことではないかと思います。

そこを他の誰かに求めても、それはただの一時しのぎにしか過ぎません。自分のお世話がちゃんとできない限りは誰かを支えることも人を助けることもできないのです。無理に自分を追い込み強くなることではなく、その時のどんな自分も認めていくことで、少しずつでも脆いものがしっとかりとした骨のあるものになっていくのだと思いながら、もう片方でそんな脆くて弱いところを持っている今の自分をしっかり知ることができたこの一周間でした。

PR|  新潟県で新築を建てる

コメントを残す

Copyright © 2014-2018 注文住宅は省エネを超えて創エネの時代 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.