調子が悪い日を過ごすこと

Posted by rkckjrr on 2014年2月25日 in 未分類 |

調子が悪い日を過ごすこと

息子がとうとう体調を崩してしいました。去年の暮れに半年ぶりに食べたお肉がやはり体に合わなかったのだと思います。食べた後すぐに、湿疹が広がり顔や首に赤みが出て、全身症状が出てしまったので急遽、薬を使い続けることにしました。それでも、昨日からはお腹の痛みがあり、熱も出てしまいました。その上、今日は娘のことでバタバタして、私の感情が急に乱れることがありました。すぐに落ちついて、冷静にしてみてもやはりどうしても出てくるのです。子どもを一人で育てていることへの色んな想いが一緒になってやって来るのです。何度もそれを手放そうとしても何かのきっかけでまた始まってしまうことがあるのです。

そして、顔色の悪い息子をみて我に返りました。大変なのは息子なのだと。。。

息子のことはあまり事を大きくしてはいけないと思い、胃腸風と持病が一緒になってしまったくらいに思うことにしました。

あとは私の気持ちを、ただただ穏やかにすること。そんな感情をいつも持っていることをただ知ること。そしてそれを判断しないこと。そのあとは、こんなことはいつでも起こり得ることなのだと思うことで、そんな日を静かに過ぎていくのをゆっくりと眺めるのです。

Copyright © 2014-2018 注文住宅は省エネを超えて創エネの時代 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.