地震に強い一戸建ては高いけれどできる事を

Posted by rkckjrr on 2018年10月6日 in 注文住宅, 耐震住宅 |

地震などの自然災害は多い日本ですから、耐震住宅にこだわりたい理由もわかります。わが家にしても、新築一戸建てを建てる際には、まず耐震性が気になってしまいましたもん。だって、せっかく建てた一戸建て住宅が地震であっという間に倒壊したら、とても悲しいじゃないですか。ですから地震に強い家を絶対に建てたいと思ったのです。

けれど、はっきり言って地震に強い一戸建て住宅は高いんですよ。オール木造住宅の方が鉄筋コンクリート住宅よりも安いわけです。また、木造住宅に部分的に鉄骨を入れるにしても、決して安くはないわけです。いや、むしろ頭がポンポンと飛び出して行くかのように、軽量鉄骨を入れる本数によって建設費用は高くなっていきますよね。

しかしまあ「耐震性をあげるために」と、ここは仕方がないと受け入れました。だってやっぱりせっかくの新築一戸建て住宅が地震であっという間に無くなってしまっては悲しいですから。少しだけかも知れませんが、鉄筋を柱に入れることにより耐震性が上がるならばその方がいいと判断しました。予算の許す範囲内でしたし。

Copyright © 2014-2018 注文住宅は省エネを超えて創エネの時代 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.